毛深いのに自己処理をしていない時に病院へ搬送されて赤っ恥

毛深い8
人生は何が起きるかわからないものですが、毛深い私が大恥を書いたことといえば車で追突事故に遭ってしまい、首や身体など検査をするため病院へ搬送されたことです。
真冬の時期で全く無駄毛のお手入れをしていないまま、あれよあれよといううちに病院へ行ったのは良いものの、CTスキャンをしたりレントゲンを撮影してもらうにあたっては、なんとノースリーブの衣類を着せられてしまったり、バンザイをして腕を上に引き上げる姿勢を取らされていしまったりと、担当してもらった医師や看護師などに、非常に毛深くて男並みに剛毛なワキの毛や腕の毛などを見せびらかしてしまう結果になりました。

 

冬の間、本当に油断していて一切無駄毛のお手入れやシェービングをしていなかったので、本当に無駄毛が生えまくっていて、大層みっともない状態でしたし、女性のものとは思えないような肌状態でした。
自分以外の誰にも見られたくない肌を、いきなり他人の前でさらけ出すことになってしまい、本当に恥ずかしかったです。
事故自体は本当に軽いものだったので特に大きな怪我は無くて良かったのですが、無駄毛が大量に生い茂る肌を人に見せてしまった恥ずかしさや後悔は大ダメージでした。

 

また、無駄毛で最近恥ずかしかったことは、スポーツクラブでプールのレッスンに入ったら、数本長いわき毛が生えっぱなしだったことです。
プールに行く前にはなるべく前日に毛抜きで丁寧にわきを処理しているのですが、抜き忘れがあったらしく、3,4本程度かなり長いわき毛が生えていたのです。
プールの1時間のレッスンをやり終えた後、シャワーを浴びている時に気が付きました。
コーチや他の参加者の人にわき毛の存在が見えていませんようにと祈るばかりですが、本当に恥ずかしかったです。
女性としてもワキ毛は厳禁ですし、プールのレッスンではインストラクターさんが腕を持ってフォームを教えてくれたりすることも多いですし、今度からは無駄毛処理を絶対にミスしないようにしたいなと思いました。